当院は、昭和52年開設の「学園西町病院」を前身とする戸田中央医科グループの病院であり、平成16年にリハビリテーション病院としてリニューアルオープン致しました。グループ共通の理念である「愛し愛される病院」を目指し、患者様のニーズにあった医療を提供できるよう、今日まで地域の方々の健康を共に考えてまいりました。今後も、これまでの経験を活かし、地域の皆様の幅広いニーズにお答え出来るよう、地域に寄り添った病院づくりをして参ります。また、高齢者医療の多様化に合わせ、高齢化により起こるさまざまな問題に適切な関わりをもてる環境を整え、リハビリテーションを中心に高齢者への医療をトータルにサポートしてまいります。
日本の医療が高度化・複雑化している中、私達は、医師・看護師をはじめ医療技術部スタッフが患者様一人ひとりに対しチームとなり医療を行うことにより、患者さまが安心して医療を受けられる環境を整え、皆様のご期待とご信頼に応えられるよう努力してまいります。

院長あいさつ

小平中央リハビリテーション病院は、東京都西部ちょうど武蔵野の中央に位置し、緑豊かな環境の中にあります。円を描いた温かな玄関をくぐると、エントランスホールからは広々としたリハビリテーションルームで自分の力で一歩一歩前に進む患者さまと、それを見守るご家族さまの姿が目に止まります。
回復期リハビリテーション病棟・療養病棟を設け、高齢者医療をトータルに行える環境を整えております。さらに、リハビリテーションを充実させることにより、回復期から維持期まで患者さま一人ひとりの状態とニーズに合わせたリハビリテーションを提供いたしております。
入院中においても生活質にこだわり、日常の看護・介護はもちろんのことレクリエーションやアクティビティも積極的に取り入れ、常に明るさと笑顔あふれる病院作りを行っております。
これからも、人と人とのつながりを大切にし、患者さまが住み慣れた地域でその人らしく生き生きと生活を送ることができるよう、「愛し愛される病院」を目指し、職員一同力を合わせ精進して参りたいと考えております。